エタラビの口コミ

脱毛は体への影響は本当にないの?

エタラビ

脱毛がとても人気になってきています。。

 

気軽に利用できる価格になったこともあり、多くの人が脱毛を始めています。

 

しかし問題は、脱毛は体への影響は本当にないの?ということではないでしょうか?

 

フラッシューやレーザーなどの気になる体への影響を調べてみました。

 

脱毛が体に悪いといわれている理由

 

クリニックや脱毛サロンで行う脱毛・永久脱毛は、レーザーを照射して毛根を破壊していくものです。

 

毛の生えるサイクルを破壊するのです。そんな脱毛が体に悪いと言われている理由は、レーザーが体を通って内臓消化器に影響を与えると考えられています。

 

また、レーザーの影響で皮膚がんになりやすくなるとも言われていますが脱毛のレーザー・光は赤外線に近いものなので体に影響することは少ないといわれています。

 

心配だと思われる方は脱毛サロンや脱毛クリニックでのカウンセリングの時に詳しく質問して納得されてからの方が安心して施術を受けることができると思います。

 

脱毛のレーザーや光と放射線は違う

 

レーザーでの脱毛は、放射線のように人の身体に害を与えるものではありません。

 

今の ところ、血管や内蔵などに影響を与える事は報告されていません。

 

脱毛に使うレーザー・光は、肌の表面から3ミリ〜4ミリまでにしか行き届かないように設計されています。

 

そのために、内臓や消化器に影響を与えることはありえません。

 

一度処理した 毛穴からは生えてこないと言われているので、脱毛・永久脱毛を望むのであれば脱毛は効果的な方法であるといえます。

 

脱毛の光は、ガンにはならない

 

皮膚がんの原因としてまず考えられるのは、紫外線です。

 

太陽光などは紫外線をたっぷりと含んでいるために、避けるべきものです。

 

しかし脱毛で使用されている光・レーザーは、赤外線に近いもので、紫外線とは全く違うものです。

 

そのために脱毛の施術を行ったら、皮膚がんの原因になるという心配を抱く必要はありません

 

事故はほとんどない

 

光・レーザーで毛が生えるサイクルを破壊するために、それなりの強い光やレーザー光を当てていきます。

 

そのためにやけどなどの皮膚トラブルについて心配するかもしれません。もちろん脱毛によるやけどの可能性はゼロではありません。

 

しかし脱毛はとても安全にできています。施術を行う際には、レーザー脱毛でいきなり強い光を当てることはありません。

 

最初は弱いパワーから始めて、徐々に出力を上げていく施術をほとんどの機関で行っています。

 

そのために、施術自体は安心して任せて大丈夫です。

 

敏感肌、乾燥肌などもともとお肌にトラブルを持っている人であれば、それを事前にしらせるようにしましょう。